• #持続可能農業 #熱帯農業 #ちとせいちご #千年農業

自社農園を通じて、東南アジアに環境持続型農業(千年農業)を根ざす

「美味しいという感動は人の購買行動を変え、その行動は農業自体の産業構造をも変える力がある」



生産者側には高品質な農作物を栽培する環境配慮型農業を広げ、また消費者側にはプレミアのついた農作物への理解を深めてもらうことを主導していく。生産者、消費者、環境、マーケットなど農作物を通じた’生態系’を構築することが、人類が千年先まで健全に農業を続ける鍵であると我々は確信している。
現在「ちとせ野菜」というブラントを立ち上げ、いちごやトマトなどをマレーシアの自社農園で生産し、シンガポールで販売を行っている。シンガポール伊勢丹他、ミシュラン獲得レストランや人気洋菓子店、シンガポールを代表するリゾートホテルなどの有名店に販路を拡大するまでになっている。また、現地農家への技術移転も行いつつ、他の東南アジア諸国への農業プロジェクト拡大を計画している。

背景となる課題

  • 東南アジアの農業は、質より量を重視し、農薬や肥料を大量に使用する大量投入大量廃棄型の農業が蔓延している。この農業で栽培された農作物は、安さを重視した低品質なものが多い。
  • 消費者側は高品質の農作物のニーズがあるものの、購入できる選択肢は限られている。
  • 生産者と消費者とのギャップを埋めるマーケットは存在しない。

活用している技術

    日本のイチゴを東南アジアで安定的に生産する技術と販売・マーケティング

現在のステータス

    マレーシア・キャメロンハイランドにある自社農園にてちとせいちごやちとせ野菜を栽培し、シンガポールで販売。ホテル・ケーキ屋・レストランなどに展開。また現地のスーパーやデパートでのリテール販売を通じて、消費者にちとせ品質を味わってもらいつつ農業について少しでも知ってもらう活動を行っている。現在は、品種を増やしつつ、志を持った現地の農家への技術移転や契約栽培を行っている。

活動している国

マレーシア、シンガポール、インドネシア

関連する事業体

MessagePICK UP PERSON

  • 木下 恭亮

    Chitose Agri Laboratory Sdn. Bhd. Director Agriculture Expert

    2014年にキャメロンハイランドに移り住んで農園を立ち上げてきました。当時は文字通り何もない(土地もなければ苗もない)ところから始まりましたが、現在ではパートアルバイトも含めて約20名で農園運営をおこなっています。全てはお客様に日本の「美味しい」を味わってもらうために、チームが一丸となっていちごを育てています。感動を与えられるようないちごをお届けできるよう、技術を磨き改善を重ねてチームの成長を導いていきたいと思っています。

  • 片岡 陽介

    Chitose Agri Laboratory Sdn. Bhd. BioEngineer

    当プロジェクトにおいて、単収・品質・安定性をいかにして上げるかという研究開発を担当しています。より多くのファンの方へ高品質な作物を安定して届けられるように、日本では見ることのない害虫、日本では起こりえないような問題に直面しながらも、一歩ずつ進めていきたいと思います。そしてプロジェクトを進める中で、マレーシアの農家さんと切磋琢磨、時には協業しながらマレーシア全体の農業を盛り上げていけたら嬉しいです。

  • Justin Lim

    Chitose Agriculture Initiative Pte. Ltd. Business Development Div. Manager

    As a Singaporean, there has been very little focus on food knowledge. When do we have strawberries, why are there different ways to grow a produce, how does the taste of a food change according to climate, etc. Having joined CAI in 2015, I have acquired knowledge which I did not think to matter much on food. What I hope to achieve is for CAI to be the Go-To company, for high quality food products, delivered at the freshest quality.

Prev

view all project

Next