• #セルエンジニアリング #抗体医薬品製造 #医療用タンパク質製造 #マスターセルバンク開発 #細胞株構築 #CHO細胞 #動物細胞

スーパーセルで世界の抗体医薬品製造プロセスを塗り替える

『バイオ医薬品がより手軽に処方されるよう、そのプラットフォームを世の中に埋め込みたい』


世界では、再生医療のニーズやアンメットメディカル(治療法が見つかっていない疾患)へのニーズが日々増大している。ちとせでは、そのようなグローバルヘルスケアに貢献すべく、スーパーセルによってバイオ医薬品製造プロセスを構築し、世界の抗体医薬品製造プロセスのスピードアップ及び低コスト化の実現を目指す。
抗体医薬品の生産効率世界一を誇る新規CHO細胞の開発、AMED事業への参画及び国内外のバイオ製薬企業との協働開発によりホストセル市場にてリーダーとしての役割を担う。

背景となる課題

    高騰する抗体医薬品の薬価削減のため、製造プロセスの高効率化、低コスト化が求められている

活用している技術

  • 一様な細胞プールに多様性を与え、いくつもの優れた特性を兼ね備えた細胞を創出する技術
  • 多様な細胞プールから、目的の特性を有する細胞を釣り上げるスクリーニング技術
  • 組織の初代培養から不死化細胞株を樹立する技術
  • 医薬品申請時の規制に対応するための試験法を開発する技術

現在のステータス

  • 国内外のバイオ製薬企業との共同開発、受託開発を通じて、新しい細胞株を生み出し続けている
  • 次世代バイオ医薬品製造技術研究組合において、セルバンク構築パートを担当している

活動している国

日本

関連する事業体

パートナー

次世代バイオ医薬品製造技術研究組合(MAB)

備考

    CHO-MK細胞は、次世代バイオ医薬品製造技術研究組合(MAB)の認定事業者である株式会社ちとせ研究所のみが取り扱っています

Prev

view all project

Next