• #バイオ燃料 #藻 #ボツリオコッカス #屋外大量培養

エネルギー枯渇問題を、藻類バイオ燃料生産から解決したい

『バイオジェット燃料開発から、世界の藻類大量培養技術に革新を起こしたい』


現在使用されている化石燃料由来の燃料と価格競争力をもつ燃料を生産するために、太陽エネルギーだけを使って藻類培養をすることを掲げて、持続可能なジェット燃料生産の事業化を目指している。藻類を用いた燃料生産の課題は、屋外大量培養の難しさにある。この問題を解決するため、工業的生産を見据えた品種改良と大量培養技術開発を行い、刻々と環境変化する屋外にも対応できる技術改良を行ってきた。2015年には、世界で初めてボツリオコッカスのでの屋外開放型培養装置(1,500㎡)での連続大量培養を成功させ、現在も商業生産に向け技術開発を進めている。

背景となる課題

    航空輸送量の増加により2050年のCO2排出量は現在の2-5倍に達すると予想され、航空業界はCO2排出削減が世界的に強く求められている。国際民間航空機関(ICAO)は、2009年から2050年までに航空業界のCO2排出量を半減することを目標に掲げ、国際航空運送協会(IATA)が作成した削減ロードマップの完遂のためにはバイオジェット燃料の導入が必要不可欠だ。

活用している技術

  • 藻類の屋外大量培養技術
  • 藻類の育種技術

現在のステータス

  • 低コスト・省エネルギーでの生産を実現するための藻類の品種改良の実施
  • 屋外連続培養技術の開発、及び屋外連続培養実証試験の実施(神奈川県(100 ㎡)、鹿児島県(1,500 ㎡))
  • 海外生産候補地の探索、各生産候補地での生産能力評価、生産候補地の絞り込みの実施
  • 現在も引き続き、商業化に向けた大量生産、更なるコスト低減技術開発を進めている

活動している国

日本、タイ

関連する事業体

Prev

view all project

Next