株式会社ちとせ研究所

生物と事業をはぐくむ

  • 社名

    株式会社ちとせ研究所
    Chitose Laboratory Corp.

  • 事業内容

    幅広い生物(微生物・培養細胞・微細藻類など)の育種・培養技術を有し、これらの技術を産業利用されている生物で活用する。さらに、バイオ領域における新規プロジェクト立案、シーズ技術構築、実用化研究開発、事業化支援・コンサルティングをグループ各社と連携しながら実施する。

  • 設立2002年11月
  • 資本金1億3160万円
  • 経営陣

    藤田 朋宏 Ph.D.   代表取締役/ Chief Executive Officer

    釘宮 理恵           代表取締役/ Chief Operating Officer

    堀内 貴之 Ph.D. 取締役/ Chief Technology Officer

    野本 直子           取締役/ Chief Administration & Accounting Officer

    清水 昌 Ph.D.  取締役/ Advisor

    古澤 満 Ph.D.  最高科学顧問/ Chief Scientific Advisor

    古澤コラム →

  • 株主CHITOSE BIO EVOLUTION PTE. LTD.:76.5%
    個人等:23.5%
  • 連絡先

    info-cl@chitose-bio.com

  • 拠点・アクセス

    野川ラボ(本社)

    〒216-0041
    神奈川県川崎市宮前区野川本町2丁目13番3号

    MAPはこちら

    KSPラボ

    〒213-0012
    神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1
    かながわサイエンスパーク東棟511
    MAPはこちら

公的研究費の管理・運営体制

株式会社ちとせ研究所は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月文部科学大臣決定、平成26年2月改正)に基づいて、公的研究費の適正な運営・管理に関する基本方針を以下に定め、不正の防止に努めてまいります。

◆公的研究費の不正防止に関する基本方針 (1)公的研究費の責任体系の明確化
  • ・不正防止対策に関する責任体系を明確化し、社内外に公表します。
(2)ルールの明確化・統一化
  • ・公的研究費の運営・管理に関する構成員(研究者、事務担当者、管理者等)とその権限および職務を明確に規定します。
  • ・統括管理責任者は、公的研究費に関する統一的な事務処理のルールを定め、公的研究費の運営・管理に関する構成員に対してこれを周知します。
  • ・公的研究費の運営・管理に関する構成員は、当社の事務処理ルールに従って事務処理を行います。
(3)関係者の意識向上
  • ・コンプライアンス推進責任者は、公的研究費の運営・管理に関する構成員に対して、公的研究費の受領・使用にあたってのルールや、当社の事務処理ルール、不正防止の仕組み等をコンプライアンス教育で周知します。
(4)不正防止計画の策定と実施
  • ・統括管理責任者は、公的研究費の不正を未然に防止するために不正防止計画を策定し、実施します。
(5)告示等の取扱い、調査および処分に関する規定
  • ・公的研究費の不正に関する告発及び相談を社内外から受ける窓口を設け、当社ウェブページで公表します。
  • ・万一、公的研究費のインシデントが発生した場合、当該者に厳正な処分を行うと共に、不正使用を行った原因究明を行い、再発防止に向けた予防及び維持改善に努めます。また不正な取引に関与した取引企業に対しては取引停止等の措置を行います。
  • ・告発窓口の運用や調査の実施等においては、告発者、被告発者を保護する方策を講じます。
  • ・配分機関等から要求があるときは、当該配分機関等が配分する公的研究費について、当該公的研究費の不正使用に関与する調査に関する資料を提出、または閲覧及び現地調査に応じます。ただし、調査委員会における調査に支障がある場合その他正当な理由がある場合はこの限りではありません。
(6)モニタリング
  • ・統括管理責任者は、公的研究費を適正に執行するために、発注・検収・支払等の実施状況および会計書類の確認や物品の監査等の必要な対策を行います。
◆公的研究費の責任体系

公的研究費の運営・管理を適正に行うために責任者を以下の通りに定めます。

(1)最高管理責任者

全社を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う者として、代表取締役COO がその任にあたります。

(2)統括管理責任者

最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について全社を統括する実質的な責任と権限を持つ者として、 取締役 最高統括責任者 がその任にあたります。

(3)コンプライアンス推進責任者

研究組織における公的研究費の適正な運営・管理に関する対策の実施について実質的な責任と権限を持つ者として Project Design Division長 がその任にあたります。

最高管理責任者は研究倫理教育責任者も兼任します。

◆公的研究費の管理・運営に関する社内外からの相談窓口

<株式会社ちとせ研究所 公的研究費の運営に関する相談窓口>
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目2番1号 KSP東棟511
TEL 044-813-3380
FAX 044-813-3383
メール c.logi@chitose-bio.com

『研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)』に基づき、公的研究費の使用に関するルール等についての相談を受け付けます。
お名前、ご勤務先、ご住所、電話番号を明記のうえ、お問い合わせください。
ご相談いただきました内容によっては、お返事までにお時間をいただく場合やお答えできない場合がございます。あらかじめご了承ください。
なお、ご記入いただきました個人情報はお問い合わせへの回答目的以外に使用することはございません。

◆公的研究費の不正使用・研究活動の不正行為等に関する社内外からの通報窓口

<株式会社ちとせ研究所 研究不正に関する通報窓口>
〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸三丁目2番1号 KSP東棟511
TEL 044-813-3380
FAX 044-813-3383
メール rinri-cl@chitose-bio.com

通報は公的研究費の不正使用または研究活動における不正行為を対象とさせていただきます。 具体的な調査においては、調査へのご協力をお願いする場合や、調査結果をご報告させていただく場合がありますので、お名前、ご勤務先、ご住所、電話番号を明らかにして通報をお願いします(匿名でも受付はいたします)。 また、記載いただきました内容は、『研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)』に基づいて取り扱うとともに、当該ガイドラインに従って、公的研究費の配分機関に報告いたします。 なお、ご記入いただきました個人情報は、上記目的以外に使用することはございません。


制定:2020年12月1日
株式会社ちとせ研究所 代表取締役COO 釘宮 理恵

Prev

view all business