CHITOSE logo

pointer

CHITOSE BIO EVOLUTION

Business entities事業体

株式会社ちとせ研究所

75%子会社(2009年 MBO 2011年 子会社化)

生物と事業をはぐくむ

生物を利用した産業の創出と発展のためのパートナー。幅広い生物(微生物・培養細胞・微細藻類など)の育種および培養技術開発の実績に基づき、プロジェクト立案、シーズ技術構築、実用化研究開発、事業化支援・コンサルティングを行う。

株式会社ちとせ研究所 イメージ
Chitose Agri Laboratory logo

Chitose Agri Laboratory Sdn. Bhd.

100%子会社(2012年 設立)

バイオテクノロジーで熱帯を耕せ

熱帯地域において経済的持続性と環境的持続性の双方を満たす農業を展開。先端農業技術を持つ技術者と生物学の科学者が協力しながら、プランテーション産業との共同事業、熱帯地域に適した農業の展開及び農業技術移転、高付加価値作物の栽培・販売を行う。

Chitose Agri Laboratory イメージ

株式会社日本バイオデータ

100%子会社 (2013年 買収)

すべてのデータに、意味を

生物の動態をより深く知るためのパートナー。生物学と統計とプログラミングの3つの分野の知識を有する専門家が、バイオビッグデータの声を聞き逃さないためのデータの取得方法、解析方法を個別に構築、解析結果から示唆される次の打ち手の提案を行う。

株式会社日本バイオデータイメージ

株式会社タベルモ

100%子会社 (2014年 設立)

輝くわたしの基盤をつくる

光合成効率が高く栄養効率が良い藻スピルリナを、栄養摂取の観点で最も最適と考えうる「生」の状態で商品化。生スピルリナを「タベルモ」としてブランド展開し、タベルモを人々の生活に浸透させることを通じて持続可能な社会をつくることを目指す。

株式会社タベルモ イメージ

Chitose Agriculture Initiative Pte.Ltd.

100%子会社 (2015年 設立)

千に宿る願い

千年先まで残すべき世界中の篤農家の志と技術、食材の良さを活かす食文化を支えることを最終目標とし、農業情報雑誌と世界一の野菜をお届けすることで、東南アジアの農業を環境持続型に変革する消費者基盤をシンガポールに構築する。

Chitose Agriculture Initiative Pte.Ltd. イメージ
株式会社フローラインデックス logo

株式会社フローラインデックス

ちとせ研究所 100%子会社 (2016年設立)

菌叢を捉え、マネージする

多種多様な微生物で構成される菌叢の動態に着目し、健康(腸内,口内)、農業(土壌)、インフラ(循環水配管)、 食品(発酵)、 流通(鮮度) の定量化・見える化を実現する。

株式会社フローラインデックス イメージ
to top